ご利用・お問い合わせ

ボタンを押すと電話をかけることができます。
初めての方の会員登録と、受付への問い合わせは、午前9:00~翌午前5:00のみとなります。
自動音声案内は24時間ご利用になれます。

ご利用について

  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • で再生中のガイダンスをスキップすることができます。
    ※一部、スキップできない箇所がございます。
  • で受付スタッフにつながります。
  • 不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
運命を変える!

幸せの一歩!辛い不倫を乗り越えるための方法

幸せの一歩!辛い不倫を乗り越えるための方法

不倫したくてしようと思っている人はあまりいません。好きになった人がたまたま既婚者だったり、その反対だったりします。不倫は良い部分だけしか見えないため、理想の人だと感じてどんどん深みにハマってしまうのです。もし、今まさに深みにハマってしまっているのなら、今からでも遅くはありません。ここではやめようと思っても、どうしても不倫相手から離れられない人へ乗り越えるための方法を紹介します。

深みにハマる理由を考えてみる

相手のどこが好きなのかをリストにして、客観的に考えることが必要です。感情的になっているものを一度冷静にさせることで、自分に置かれた立場が見えてきます。おそらくリスト内容は、相手の表面しか見えていないものとなるはずです。例えば「優しい」「いつも奢ってくれる」「かっこいい」などがあるでしょう。その中に相手の本質が書かれているでしょうか?不倫する人はお互い良い部分しか見せないことが多いので、本性がまだまだ奥深くに隠されていることがあります。既婚者は現在の妻や夫、子供環境に対して何か不満があるから不倫をするものです。その不満を隠して付き合っています。そのため、不倫相手にはとても優しくし、理想的な付き合い方をしてくれるのです。

恋愛に飢えている

既婚者が不倫する際は、恋愛から遠ざかっておりドキドキしたい気持ちが芽生えることがあります。パートナーとは信頼関係を持てているけれど、恋愛とはまた違った感情なのです。そのため、安心できるのはパートナーですが、ドキドキしたいのが不倫相手となります。不倫相手が既婚者なら、あなたのことを利用しているだけです。恋愛したいだけなので、いざ離婚を迫ると急に怯えるなど態度が変わるでしょう。そのような人とはキッパリ別れるのが良いのですが、なかなかうまく気持ちが切れない人もいるはずです。おそらくあなたは「この人がいなくなってしまったら次に恋愛できないかも」と考えてしまいます。ひとりになるのが寂しいのは人間として当然のことですが、不倫からは何も生まれません。あなたを利用している相手の気持ちは考えず、自分の幸せだけを考えるようにしてみてください。

つなぎ止めておきたいから優しくするだけ

不倫相手はあなたをつなぎ止めておきたいから優しくしています。もしかしたら食事しても奢ってもらえるのではないでしょうか。不倫するにはお金が必要とも言われていますが、相手の気を引くためにお金をちらつかせていることもあります。しょっちゅうプレゼントももらって良いことばかりが続くと、不倫相手と離れたくない気持ちが出てきてしまうのです。また、相手もお金をかけた人なので、そう簡単には手放さないでしょう。贅沢な気分を味わいたいから別れられない人も多いかと思いますが、そのもらったプレゼントは体との代償でもあります。おそらく自分自身を大切にしていない人なので、もう少し自分を愛してあげる気持ちを持ってください。

不倫相手のパートナーの立場を考える

不倫中は自分だけが良い思いをしていているので気がつきませんが、相手にはパートナーがいます。その人に対して「憎い」や「邪魔」だという気持ちは間違った考えです。むしろ自分がもし浮気をされたらどう思うかを考えてみてください。おそらく悲しい気持ちになるか、逆上するくらいに頭にくるかです。もし、良心的な気持ちがあれば、すぐに不倫相手と別れを決められるはず。間違ってもパートナーと対立する気を起こさないことです。裁判で戦うと完全にあなたの負けになり、多大な慰謝料が発生します。人生の中で立ち直れないほどの辛い経験になってしまうので、それだけは避けるようにしましょう。また、不倫相手がパートナーにバレてしまう危険性もあり、証拠を突きつけられることも考えられます。これらのことを考えてみても、すぐに別れなくてはならないのです。

略奪しても幸せになれない可能性もある

例え不倫相手が離婚して自分のものになったとします。結婚してからも常に不安が付き纏い、安心できる日々を暮らせません。なぜならば、今度はあなたがパートナーに浮気される可能性があるからです。それはあなたが一番よく知っているはず。一度浮気を経験した人は、謝っても同じことを何度も繰り返します。そのため、しばらく幸せが続くかもしれませんが、必ずと言って良いほど浮気されるのです。しかも、結婚した途端に相手の本性なども見えてしまうので、理想の結婚とは程遠い生活となってしまうでしょう。「こんなはずでは」と思っても後の祭りです。不倫相手を自分のものにしたところで幸せになれないと思えば、この先続けていく意味がありません。それどころか相手の元パートナーに対して、罪悪感に苛まれ続けてしまいます。

不倫することは神への冒涜とも言われています。自分に危険なリスクを冒してまで、一緒にいたい相手なのか見極めることが必要です。ただ単に刺激が欲しいからということで不倫を始めるのはもってのほか。後々くる苦しみを考えれば、不倫はしないほうが良いのです。不倫してしまった事実は消せませんが、別れて不倫を乗り越えることで必ずあなたに幸せがやってきますよ。