電話占い『遥華(はるか)』

遥華の鑑定師たちは驚異の的中率が自慢。現在の相手の気持ち、今後の展開、最終的な未来まではっきりと答えをだします。すべて視えているので、貴女にまつわる何もかも言い当てます!

電話占い 遥華
  • 電話占い遥華遥華とは?
  • ご利用方法
  • お支払方法
  • 霊能者紹介と体験談
  • よくある質問
電話占い遥華有名霊能者による公開霊視鑑定 > 木原美馬さん(28歳・会社員)

有名霊能者による公開霊視鑑定

木原美馬さん(28歳・会社員)からのご相談

5年間付き合っていた恋人と別れ、それと同時期に仕事でリストラに遭いました。本当に踏んだり蹴ったりとはこのことで、失恋の傷心を癒す暇もなく新しい職探しに奔走したのですが結局、正社員としてはどこにも雇ってもらえず失業手当の給付が切れる寸前に派遣社員となりました。派遣とはいえ、この厳しい時勢に何とか仕事が見つかってとりあえずは安堵したのですが、派遣先の会社の業務が非常にきつく、勤めてから1ヶ月後ほどで過労のため倒れてしまいました。自分はどこまでツイていないのだろうか…と、さすがにこのときは我が身の不運を呪いました。そんなとき、ネットの口コミサイトで電話占い遥華の名前が目に留まり、気まぐれ半分やけくそ半分で鑑定を申し込みました。どんな霊能者に相談すれば良いのか皆目分からなかったので、受付の方に「運勢を良くしてくれる先生をお願いします」とリクエストしました。

有名霊能者による鑑定

開運、運気向上に関する相談は、霊能者が一番得意とすることのひとつではないでしょうか。とくに私のような祈祷術や呪術を使うことが多い行者系の鑑定者にとっては、複雑な問題をアドバイスによって丹念に解決していくよりも、祈祷のパワーでお客様の運気のポテンシャルを一気に引き上げる方が数倍容易いです。とは言え、運気低迷には必ずといって良いほど何かしらの原因があるので、その点を突き止めた上で適切な祈祷術を施さなくてはなりません。その人自体が持つ生まれつきの運気の波が下降状態にある場合は運気向上祈祷を行えば済むのですが、他人の恨みを買って生き霊を飛ばされていたり、霊的な因縁が絡んだりしている場合は浄霊・除霊や因縁解消の修法を併せて執り行わなくてはなりません。たとえ開運の相談といえども、ケースバイケースで対応が変わるということです。
相談者がひと通りの事情を話されると、数十秒ほど黙り込み瞑想に入りました。そこで見えたことをお伝えしました。「たしかにどん底の運気に入っていますね。しかし、これには原因があります。あなた、この一年のうちに引っ越しをされたでしょう?」事実その通りで、相談者はちょうど一年前に上京以来住み続けていた都内のアパートから、都心へのアクセスが良い千葉の賃貸マンションに引っ越しをしていました。どうしてそんなことが分かったのか、非常に不思議に感じている空気は電話越しに伝わってきましたが、同時に強い信頼の心の高まりも感じ取れました。

その後のご相談者

その後、先生が言うには、私が引っ越したマンションは周囲の土地の気がかなり悪く、霊的に敏感な体質の人はその影響を受けて運気が落ちるのだとのことでした。自分が霊的に敏感なのかどうかは分かりませんが、たしかに引っ越したマンションの周囲は空き地が多く、非常に寒々しい感じがする環境でした。私が、それはいわゆる風水的な問題なのですか?と訊ねたところ、「風水とは関係ありません。元々、そのマンションが建っている周囲の土地には以前、墓地があったのです。本来、墓地を移転する場合には然るべき儀式を行う必要があるのですが、それが行われておらず、そのせいでマンションを含む土地全体の気のエネルギーがマイナス化してしまっているのです」と思わず背筋が寒くなるような答えが返ってきました。「すぐにそこを引っ越せれば良いのですが、それは可能ですか?」と聞かれたのですが、あいにく経済的に余裕がないと答えたところ、「では、とりあえず私があなたの住む部屋に霊的なバリアを張り巡らせます。同時に浄化と開運の祈祷も執り行いますので、引っ越しができる余裕ができたらすぐに移ってください」と言われました。
おかげさまで鑑定を受けてからしばらくして知人の勤める会社に中途採用で入社することができ、その三ヶ月後に住んでいたマンションを引き払って別の場所へ引っ越しました。その後は、仕事もプライベートも急に順調になり、新しい恋人との出会いもありました。今が自分の人生の中で一番充実した幸運な時期だと思えるほどに、私の運気は半年ほどで急激に回復したのです。もし、先生の鑑定を受けていなかったら…と思うとゾッとします。縁あってご相談できて、本当に良かったです。